クラミジアはノドにも感染する?

HIV検査の概要

MENU

喉にクラミジアが感染したときの症状とは?

性病のなかでも認知度が意外に低いのが、喉のクラミジアだと思われます。喉のクラミジアは咽頭クラミジアとも呼ばれますが、ここでは分かりやすくするため、喉のクラミジアと表記します。喉のクラミジアは性行為によって感染します。空気感染することはないので、風邪やインフルエンザなどとは異なります。粘膜や粘液が接触することで感染するので、そうした行為を避けることで感染は予防できます。具体的には、オーラルプレイのときにコンドームを着用すること等です。コンドームの使用は100パーセント安全というわけではないですが、喉クラミジアの感染予防に効果的ではあります。

 

喉クラミジアに感染すると潜伏期間を経て、症状がでてきます。喉の奥が赤く腫れたり、痛みや違和感が生じたりします。喉の違和感というのは、イガらっぽい、痒みや痛みなど感じ方は様々です。ノドに違和感があると、咳が出ることもあります。ノドの炎症がひどいと、発熱することもあります。喉クラミジアの症状はあなどれないので、早期発見して治療したほうがいいでしょう。病院や性病クリニックにて検査をするのがベストですが、時間がない、病院が近くにない等の理由で検査が受けれない場合は、市販されている性病検査キットも用いるのがいいでしょう。HIVや梅毒などの他に、喉クラミジア検査キットがあります。合わせて喉淋病検査キットも購入して調べておくのがお勧めです。喉に感染しているのは、クラミジアなのか淋病なのか分からないからです。